HOME / COLUMN / GARNI PR / 結婚指輪を選ぶ際のポイント

COLUMN

GARNI PR

結婚指輪を選ぶ際のポイント

結婚指輪は毎日つけたいと考える方が多いので、どのようなデザインを選べば飽きずに長く着け続けられるのかわからず、悩まれるようです。結婚指輪を選ぼうと考えた際には、男性でも女性でもつけやすいタイプのシンプルなものを最初に考える方が多いようですが、実際に手にするとシンプルすぎて物足りなく感じる場合があります。
デザインや素材を選ぶときのポイントについてご紹介します。

 

 

結婚指輪はデザインにこだわる

 

結婚指輪のデザインを選ぶ際におさえておきたいポイントがいくつかあります。必ずしもお二人同じもので揃えなくてはならないとは限りません。

 

形| どのようなラインか

結婚指輪の形といえば大きく分けてストレートタイプのものと、S字タイプとも呼ばれるウェーブタイプ、V字タイプの3種類です。

ストレートタイプのものはシンプルで直線的なラインが特徴で、最もポピュラーな形です。
S字タイプは美しいウェーブが特徴的で、指が太くて指輪が似合わないと感じている方でも指に馴染むと好評です。
V字タイプはV字ラインの切り込みが入っているもので、婚約指輪と重ね着けできるものもあります。

 

幅 | 細めか太めか

お二人それぞれの手のボリュームに合った幅があります。幅によって見栄えや着け心地が変わるので、指輪を着け慣れていない方は細めを選ばれるようです。同じ形に決めてからそれぞれ幅を変えるという選択肢もあります。
形や幅で印象が異なるので実際に結婚指輪をつけて検討するのがおすすめです。

 

ダイヤ入り

結婚指輪にダイヤは絶対に欠かせないと考える女性も多いです。一方で男性の場合は女性ほどダイヤ入りにこだわっていない傾向があります。

ダイヤモンドはプラチナ素材と相性が良いだけでなく、非常に硬く割れてしまう心配が少ないのも魅力。何よりも輝きの美しさが多くの人を魅了している宝石です。

ガルニではお二人でそれぞれお好みの形、幅、ダイヤの有無をお選びいただいて結婚指輪として組み合わせて購入が可能です。
また、上記のデザインポイント以外にもガルニが得意とする表面のカッティングデザインが施された結婚指輪は独特な輝きを放ちます。形がストレートタイプであってもカッティングデザインによってシンプルすぎない印象深い結婚指輪となっています。

 

 

結婚指輪は素材にこだわる

 

結婚指輪といえばやはり特別なものなので、素材にもこだわって選ばれるのではないでしょうか。
デザイン同様同じ素材のもので揃えなくてはならないとは限りません。

ブライダル情報誌が行った調査によると、人気の素材としては以下の順位となっています。

1.プラチナ

2.ピンクゴールド

3.シルバー

4.イエローゴールド

5.ステンレス

参考:ゼクシィ:発表!花嫁400名に聞いた [結婚指輪ランキング]

 

ガルニでも8割ほどのお客様がプラチナを選択しているため、プラチナの人気がいかに高いかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ガルニでは品質と強度の両方において優れている純度95%のプラチナ素材を使用しているほか、イエローゴールドに関しても純金含有率75%の18金を使用。また、ピンクゴールド、ホワイトゴールドで使用している素材も18金なので、品質重視で検討したい方にも納得いただけるはずです。

これらの素材の特徴、注意点などについてご紹介します。

 

プラチナ

特に人気の高い素材といえば、プラチナです。白色がとても美しく、この白さが花嫁にふさわしいとして人気があります。耐久性が高いこともあり、長く身につける結婚指輪にもぴったりです。

また、希少価値が高いことも人気の理由となっています。それから、柔らかい素材であるため加工しやすく、様々なデザインの指輪があるのもプラチナの人気が高い理由です。

ただ、柔らかい素材ということもあって純度100%に近いものは傷が付きやすいので注意しておかなければなりません。こういった特徴もあり、世界的にみると純度95%のプラチナ素材(PT950)がスタンダードとなっています。

 

イエローゴールド

ゴールド系の中でも特に人気が高いのがイエローゴールドです。イエローゴールドの輝きが日本人の肌に合うのも人気の理由だといえます。
また、指輪の素材によっては経年劣化によって変色してしまうことがあるのですが、イエローゴールドの場合はもともと黄色がかっているため多少変色しても目立ちません。

強度も高いため、普段使いしたいと考えている方でも安心です。

 

ピンクゴールド

銅の配分が多いことからピンクっぽく見える素材なのですが、どれくらい銅が入っているかによってピンク色の強さが変わります。
こちらもイエローゴールドと同じく日本人の肌色に合う色合いとなっているので、肌馴染みの良さを重視している方におすすめです。

 

ホワイトゴールド

一見プラチナのような色合いで、金に銀やパラジウムなどが混ざった素材です。メッキ加工によりプラチナのように見せているものが多いのですが、メッキが剥げてしまった場合は色合いに影響してしまいます。

 

その他

他にも軽くて高強度なのが特徴的なチタンや、様々な色合いを出せるジルコニウム、黒い色調が特徴的なタンタルなど様々な素材があります。

 

 

結婚指輪につけたいおすすめのオプション

 

自分たちらしい結婚指輪選びをしたいと考えている方は、オプションを選択してみるのがおすすめです。次のようなものがあります。

 

石留め

シンプルでもオリジナル感のある指輪を選びたい方におすすめしたいのが石留めです。リングの内側に誕生石をセットします。内側の石はシークレットストーンやインサイドストーンとも呼ばれます。

誕生石は月ごとに種類が異なるので、確認しておきましょう。

  • 1月:ガーネット
  • 2月:アメジスト
  • 3月:アクアマリン
  • 4月:ダイヤモンド
  • 5月:エメラルド
  • 6月:ムーンストーン
  • 7月:ルビー
  • 8月:ペリドット
  • 9月:サファイア
  • 10月:トルマリン
  • 11月:トパーズ
  • 12月:タンザナイト

生まれた月の宝石をつけると幸運を招く、身を守ってくれるなどとされています。
自分の誕生石ではなく、お互いの誕生石を入れる方もいます。

 

刻印

結婚指輪に2人だけのものである証として刻印を入れるのもおすすめです。指輪の内側に2人の名前や記念日、思い出の言葉などを刻印する方も多いです。
なお、指輪のデザインやサイズによって入れられる文字数には制限があります。

 

 

結婚指輪はこだわって選ぶのがおすすめ

 

シンプルな結婚指輪を選ぶと、何年かつけ続けた時に飽きてしまうと心配している方もいますが、今回ご紹介したようにデザインや素材、石留や刻印など、こだわりのポイントはたくさんあります。
自分たちにとって後悔することのない結婚指輪選びをするためにも、細かいポイントにもこだわってみてはいかがでしょうか。

 

 

GARNI 【BRIDAL】

~日常に溶け込んでいく生涯の指輪~

LOVE RINGS of GARNI

COLUMN TOP

POST

ARCHIVE

2020 (4)
2020.6 (2) 2020.5 (1) 2020.4 (1)