HOME / COLUMN / GARNI PR / 結婚指輪とペアリングの重ね付けはアリ?指輪選びのポイントをご紹介

COLUMN

GARNI PR

結婚指輪とペアリングの重ね付けはアリ?指輪選びのポイントをご紹介

結婚前に購入したペアリングがある場合、結婚指輪を購入したらどのようにすればいいのか悩んでしまう方が多いです。しかし、重ね付けするのも一つの選択肢だといえるでしょう。
そもそも重ね付けはアリなのか、ペアリングも付けることを前提として結婚指輪を選ぶにはどうすればいいのかなどについてご紹介します。

 

 

ペアリングは結婚指輪の重ね付けしてもおかしくない?

 

全くおかしい話ではなく、実際に重ね付けしている方がたくさんいます。結婚前に購入していた指輪がとても気に入っていて、結婚指輪をもらったあとはこれをつけられないのか、と落ち込んでいた方でも安心ですね。

特に結婚前にペアリングを購入していた場合、記念日に購入したものだったり、2人にとって大切なイベントの時に購入したものだったり、なにか大切な思い出もあるはず。その思い出も忘れずに大切にしていきたいのなら、結婚指輪との重ね付けがおすすめです。

例えば、重ね付けすることによって、より華やかさを演出している方もいますし、お出かけの時だけ重ね付けしている方もいます。

 

ペアリングと重ね付けする場合の結婚指輪の選び方

 

実際に重ね付けした時のことを考えたうえで結婚指輪を選ぶと違和感なく、自然にきまります。重ねて付けたいと考えている方は、指輪選びをする際に次のポイントをおさえておきましょう。

 

同じショップ・ブランドで購入する

できることなら、ペアリングと同じショップ・ブランドで購入するのがおすすめです。
同じブランドの場合はもとから重ね付けすることを前提として作られている商品もありますし、なによりブランドとしてのコンセプトが同じであれば、相性の良い結婚指輪を選びやすくなります。

2つの指輪のデザインやコンセプト、イメージなどが全く異なる場合、重ねて付けた時に違和感を覚えてしまうことがありますが、同じショップ・ブランドから選択すると統一感を出すことにもつながるのです。

実際に重ねたい指輪を持っていき、合いそうなものを探してもらうのも良いでしょう。

 

2つの指輪で隙間ができないデザインを選ぶ

2つの指輪を付けた時に違和感を覚えやすいものといえば、指輪同士の隙間が大きくなってしまうものです。指輪にはストレートのものやS字のもの、V型のものなど様々なものがあるのですが、デザインによっては2つつけた時にそれぞれのデザインが独立しすぎて浮いて見えてしまうものがあります。
これを避けるためにも同じようなデザイン、タイプのものを選択するなど工夫してみましょう。

ただ、反対に異なるデザインのものを選択して個性的な組み合わせを演出する方法もあるので、好みの問題ともいえます。

 

 実際に付けて確認してみる

それぞれの指輪としてはとても素敵なデザイン性だとしても、重ねた時にどのような印象になるのかは異なります。
そのため、重ねて付けたいと考えているのなら、それぞれ別で考えるのではなく、重ねた時の印象について確認しておかなければなりません。

 

細身のデザインを選択する

重ねて付けたいと考えているペアリングが太めのデザインのものだった場合、結婚指輪も太めのデザインのものを選択すると、かなりゴツく感じてしまうことがあります。
そのため、どちらかが太めのデザインなら、もう一方は細めのものを選択しましょう。どちらも細めのものを選択しておくとすっきりまとまります。

 

選び方は人それぞれ

必ずしもデザインが似たようなものでなければならないとか、色合いを似せなければならないわけではありません。そのため、自分が納得できるものなら問題ないともいえるでしょう。
あまりにも2つの指輪の相性についてばかり考えてしまうと、本当に欲しいものから離れてしまうこともあるので、自分がどう感じるかを重視してみてはいかがでしょうか。

 

その他のペアリングの楽しみ方

 

重ねて付けるのはどうしても浮いてしまう、合わないと感じているのなら、指輪として身に付ける以外の方法について検討してみるのもおすすめです。次のような方法があります。

 

ペンダントヘッドにする

2つの指輪のデザインが合わなかった場合や、それぞれを別に楽しみたい場合にはペアリングをペンダントヘッドとして楽しむのもおすすめの方法です。
また、ペンダントヘッドならチェーンを長めにすることによって、アクセサリーが禁止の職場でも楽しむことができるため、常に身に付けておきたい場合にもぴったりだといえるでしょう。

また、指輪に慣れていなくて、重ねて付けた時に気になるといった方も、片方をペンダントヘッドにすればその違和感をおさえられます。チェーンの種類によってイメージも変わるので、このあたりもこだわって検討してみてはいかがでしょうか。

 

キーホルダーにする

普段からアクセサリーを付けていない方の場合、常に指輪を付けていることに対して違和感を覚えてしまう方もいるでしょう。結婚指輪だけでも違和感があるのに、ペアリングまで重ねると気になってしまう方もいますが、そういった方におすすめしたいのがペアリングをキーホルダーにするといった方法です。

普段使っているバッグに付けたり、大切なものに付けてみてはいかがでしょうか。ただ普段使いする場合は、万が一気づかないうちに落としてしまったといったことがないように、絶対に落ちたり、外れたりしないようにキーホルダーの金具パーツにこだわったほうがいいです。

 

ペアリングの思い出も大切に

 

結婚指輪はとても大切なものですが、付き合っている時に購入したペアリングも2人にしかわからないような、大切な思い出があるはずです。そのため、お蔵入りさせてしまうのはもったいないですよね。
結婚してから何年経ったとしても、結婚前の日々のことを思い出させてくれる大切なアイテムでもあるので、たんすの中にしまい込んでしまうのではなく、普段から重ね付けしてみたり、身近なキーホルダーなどのアイテムに生まれ変わらせたりしてみてはいかがでしょうか。

 

 

GARNI 【BRIDAL】

~日常に溶け込んでいく生涯の指輪~

LOVE RINGS of GARNI

COLUMN TOP

POST

ARCHIVE

2020 (6)
2020.7 (2) 2020.6 (2) 2020.5 (1) 2020.4 (1)