結婚指輪とペアリングの重ね付けはアリ?指輪選びのポイントをご紹介

ONLINE STORE

HOME / COLUMN / GARNI PR / 結婚指輪とペアリングの重ね付けはアリ?指輪選びのポイントをご紹介

COLUMN

GARNI PR

結婚指輪とペアリングの重ね付けはアリ?指輪選びのポイントをご紹介

2021年10月13日更新

結婚前に購入したペアリングがある場合、結婚指輪(マリッジリング)を購入したらどのようにすればいいのか悩んでしまうというお声をよくお聞きします。そのような場合、婚約指輪(エンゲージリング)だけでなく、ペアリングと結婚指輪の重ね着けを検討してみるのも一つの選択肢です。

 

そもそもペアリングと結婚指輪の重ね着けはアリなのか、ペアリングも着けることを前提として結婚指輪を選ぶにはどうすればいいのかなどについてご紹介します。

 

ペアリングは結婚指輪の重ね着けしてもおかしくない?

 

全くおかしい話ではなく、実際に結婚指輪とペアリングを重ね着けしている方はたくさんいます。結婚前に購入していた指輪がとても気に入っていて、結婚指輪をもらったあとはこれを着けられないのか、と落ち込んでいた方でも安心ですね。

 

特に結婚前にペアリングを購入していた場合、記念日に購入したものだったり、2人にとって大切なイベントの時に購入したものだったり、なにか大切な思い出もあるはず。その思い出も忘れずに大切にしていきたいのなら、結婚指輪との重ね着けがおすすめです。

 

結婚指輪とペアリングを重ね着けすることによって、例えば普段のちょっとしたおでかけに華やかさを添えてみたり、記念日のような特別な場面でおしゃれな着こなしを演出したりと、また新たなふたりの想い出にしてみてはいかがでしょうか。

 

ペアリングと重ね着けする場合の結婚指輪の選び方

 

実際にペアリングと重ね着けしたことを考えたうえで結婚指輪を選ぶと違和感なく、自然になります。重ねて着けたいと考えている方は、指輪選びをする際に次のポイントをおさえておきましょう。

 

同じショップ・ブランドで購入する

できることなら、ペアリングと同じショップ・ブランドで購入するのがおすすめです。

同じブランドの場合はもとから重ね着けすることを前提としてセットリングが作られている場合もあります。セットリングがない場合でも、同じブランドでコンセプトが同じであれば、重ねたときの相性が良い結婚指輪を選びやすくなります。

 

結婚指輪とペアリングのデザインやコンセプト、イメージなどが全く異なる場合、重ねて着けた時に違和感を覚えてしまうことがあります。同じショップ・ブランドから指輪を選ぶと、素材やステッチ(表面の加工)などがおのずと統一感を出すことができ、おしゃれな着こなしになります。

 

実際に重ねたい指輪・ペアリングを持っていき、合いそうなものを探してもらったり、シリーズのセットリングを検討してみるのも良いでしょう。

 

 

2つの指輪で隙間ができないデザインを選ぶ

結婚指輪とペアリングを着けた時に違和感を覚えやすいものといえば、結婚指輪とペアリングの隙間が大きくなってしまう組み合わせです。指輪にはシンプルでストレートのものから、おしゃれで人気のS字・V字のものなど様々なものがあります。デザインによっては2つ着けた時、それぞれのデザインが独立しすぎて浮いたコーディネートとなってしまうものがあります。

 

これを避けるためにも同じようなデザイン、タイプのものを選択し、バランスがとれた結婚指輪とペアリングとなるよう工夫してみましょう。

 

ただ、反対に異なるデザインのものを選択して個性的な組み合わせを演出する方法もあるので、好みの問題ともいえます。

 

 実際に着けて確認してみる

結婚指輪とペアリングのそれぞれはとても素敵なデザインだとしても、重ねた時にどのような印象になるのかは異なってくる場合があります。

 

重ねて着けたいと考えているのなら、それぞれ別で考えるのではなく、重ねた時の印象について確認しておかなければなりません。実際にどちらを前後にするか、など順番や向きといった着け方を実際に確認してみることがオススメです。

 

細身のデザインを選択する

重ねて着けたいと考えているペアリングが太めのデザインのものだった場合、結婚指輪も太めのデザインのものを選択すると、かなりゴツく感じてしまうことがあります。

 

そのため、どちらかが太めのデザインなら、もう一方は細めのものを選択しましょう。どちらも細めのものを選択しておくと手元がすっきりまとまります。

 

選び方は人それぞれ

例えばピンクゴールドのペアリングとプラチナの結婚指輪を組みあわせると、フォーマルな場面でも日常のシーンでも使いやすく、どんなテイストの服装でも毎日使いやすくなります。

 

とはいえ、必ずしもデザインが似たようなものでなければならないとか、色合いを似せなければならないといった決まりがあるわけではありません。そのため、自分が納得できるものなら問題ないともいえるでしょう。

 

あまりにも2つの指輪の相性についてばかり考えてしまうと、本当に欲しいものから離れてしまうこともあります。自分がどう感じるか、もしくはご夫婦でどの指輪に魅力を感じるか、その気持ちを一番大事にして選んでみてください。

 

ペアリングと結婚指輪を楽しむその他の方法

 

重ねて着けるのはどうしても浮いてしまう、合わないと感じているのなら、指輪として身に着ける以外のアレンジ方を考えてみるのもおすすめです。次のような方法があります。

 

ペンダントヘッドにする

2つの指輪のデザインが合わなかった場合や、それぞれを別に楽しみたい場合にはペアリングをペンダントヘッドとして楽しむのもおすすめの方法です。

 

また、ペンダントヘッドならチェーンを長めにすることによって、アクセサリーが禁止の職場でも楽しむことができるため、毎日身に着けておきたい場合にもぴったりだといえるでしょう。

 

また、指輪に慣れていなくて、重ねて着けた時に気になるといった方も、片方をペンダントヘッドにすればその違和感をおさえられます。チェーンの素材によってイメージも変わるので、このあたりもこだわって検討してみてはいかがでしょうか。

 

キーホルダーにする

普段からアクセサリーを着けていない方の場合、常に指輪を着けていることに対して違和感を覚えてしまう方もいるでしょう。結婚指輪だけでも違和感があるのに、ペアリングまで重ねると気になってしまう方もいますが、そういった方におすすめしたいのがペアリングをキーホルダーにするといった方法です。

 

普段使っているバッグに付けたり、大切なものに付けてみてはいかがでしょうか。ただ普段使いする場合は、万が一気づかないうちに落としてしまったといったことがないように、絶対に落ちたり、外れたりしないようにキーホルダーの金具パーツにこだわったほうがいいです。

 

ペアリングの思い出も大切に

 

結婚指輪はとても大切なものですが、付き合っている時に購入したペアリングにも2人にしかわからないような、大切な想い出がたくさん詰まっています。そんな想い出の指輪をお蔵入りさせてしまうのはもったいないですよね。

 

付き合った時に購入されたペアリングは、結婚後何年経ったとしても、プロポーズ前や結婚式前の日々を思い出させてくれる大切なアイテムでもあります。たんすの中にしまい込んでしまうのではなく、普段から重ね付けしてみたり、身近なキーホルダーなどのアイテムに生まれ変わらせたりしてみてはいかがでしょうか。

 

 

GARNI 【BRIDAL】

BRIDALページはこちら

 

 

GARNI ONLINE STOREにて一部商品がお買い求めいただけるようになりました。

ONLINE STORE

 

 

GARNI直営店4店舗では事前にWEBにて来店予約していただくとお待たせすることなくご案内が可能です。

大切なブライダルリングを周りを気にせずにゆったりとお選びいただけます。

 

▼ご予約はこちら

来店予約

>店舗一覧はこちら

 

COLUMN TOP