HOME / COLUMN / GARNI PR / 結婚指輪を紛失した際の対処法と予防策

COLUMN

GARNI PR

結婚指輪を紛失した際の対処法と予防策

結婚指輪を紛失してしまったことに気づいたとき、とても慌ててしまうものです。大切なものであるからこそ、絶対に避けたいのが“紛失”でしょう。

とはいえ、日常生活で使用していれば、うっかり紛失してしまうリスクは避けられません。そこで、今回は結婚指輪を紛失した際の対処法や、紛失を防ぐための予防策について、詳しく解説します。

 

結婚指輪を紛失しやすいシーン

 

そもそも結婚指輪はどんなときに紛失しやすいのでしょうか。

まずは、結婚指輪を紛失しやすいシーンについてご紹介します。

 

水仕事や入浴で外したとき

 

食器洗いなどの水仕事や、入浴の際で指輪を外したときは紛失しやすいといえます。

指輪を置いた場所を忘れたり、棚などに置いた指輪が何かの拍子に落ちてしまったりなどのリスクがありますので注意しなければなりません。

また、銭湯や温泉に入るときに外した指輪を紛失しないようにティッシュで包んだものの、入浴後にうっかりごみと勘違いして捨ててしまった…といったケースもあります。

いずれにせよ、水仕事や入浴などで結婚指輪を外す習慣がある方は、紛失のリスクがありますので注意してください。

 

サイズが変わってどこかに置きっぱなしにする

 

指のサイズが変わったことで結婚指輪を身に着けなくなり、どこかに置きっぱなしにした結果、紛失してしまうことが少なくありません。

体型の変化などで指のサイズが変わることは多いもの。しかし、サイズ直しを後回しにして、保管しっぱなしにすると、どこに置いたのか忘れてしまう可能性があります。また、箱に入れて保管しておくと、指輪であることに気が付かず、家族が場所を移動させたり、処分したり

してしまうこともあるかもしれません。

いずれにせよ、「置きっぱなし」「保管しっぱなし」は紛失しやすいので注意しましょう。

 

「少し外しておくつもり」でポケットやバッグに入れる

 

何らかの理由で「短時間だけ結婚指輪を外したい」というときに、上着のポケットやバッグに指輪を入れて、そのまま見つからなくなってしまう…というケースは非常に多いです。

結婚指輪が上着のポケットやバッグから飛び出してしまったり、結婚指輪をポケットやバッグに入れたことを忘れてしまったりすることで、紛失してしまいます。

外した結婚指輪は、ついポケットやバッグにサッと入れてしまいがちですが、あまり好ましくありません。

 

結婚指輪を紛失したときの対処法

 

万が一結婚指輪を紛失してしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。

現在、結婚指輪が見つからずにお困りの方は、具体的な対処法を参考にしてみてください。

 

遺失届を出しておく

 

結婚指輪を紛失してしまったら、まずは遺失届を出しておきましょう。

遺失届を出すことによって、警察に探してもらうことができます。また、遺失届を出しておけば、結婚指輪を拾った方が警察に届けてくれたときに連絡してもらえます。

遺失届を出すことで必ず警察に探し出してもらえる、というわけではありませんが、希望をかけて提出しておくと良いでしょう。

 

改めて購入する

 

どうしても結婚指輪が見つからない場合は、改めて購入するという選択肢があります。

デザインや刻印、金属の種類などはすべて同じものにすれば、カタチとしては以前と同じ結婚指輪です。

とはいえ、パートナーに黙って改めて購入するのは避けましょう。万が一、後になってから結婚指輪を買いなおしたことが分かれば、夫婦関係に傷が生じてしまう可能性があります。

必ず、紛失したことを正直に話したうえで、改めて購入することが大切です。

 

購入先の保証サービスを確認する

 

結婚指輪を紛失したときには、購入先の保証サービスを確認してみましょう。

販売店によっては、万が一の紛失を保証している場合があります。保証されているようであれば、販売店に連絡し、紛失してしまった要旨と必要な手続きなどについて確認しましょう。

ちなみに、ガルニでは結婚指輪を紛失した場合の保証はありませんのでご注意ください。

 

結婚指輪を紛失しないための予防策

 

結婚指輪を紛失しないためにはどうしたら良いのでしょうか。

大切な指輪を無くさないためにも、予防策をご確認ください。

 

置き場所を決める

 

日常生活の中で結婚指輪のつけ外しが多い方は、あらかじめ置き場所を決めておくことをおすすめします。

例えば、「食器を洗うときはキッチンカウンターの隅に指輪を置く」「入浴のときには洗面台のBOXに入れる」など決めておくと、「どこに置いたか忘れる」といったトラブルを回避できるでしょう。

 

サイズ直しをしておく

 

指のサイズが変わったことで、結婚指輪を身に着けていない方は、サイズ直しをしておきましょう。

結婚指輪を身に着けずに置きっぱなし、保管しっぱなしにすると、紛失のリスクを高めますので危険です。なるべく早めにサイズ直しを行い、身に着けるようにしてください。

ちなみに、ガルニで購入いただいた結婚指輪のほとんどは、サイズ直しが無料です。「緩くなってきた」「最近指輪がきつい」とお悩みの方は、直営店にてご相談ください。

 

アクセサリーポーチを活用する

 

結婚指輪を紛失しないためにも、外出先では「アクセサリーポーチ」を活用しましょう。

小さな指輪だけをポケットやバッグに入れると、落としたり、飛び出したりして紛失してしまいます。アクセサリーポーチを活用すれば、ポケットやバッグの中にとどまりやすいうえに、存在感がありますので、「入れていたことを忘れていた」という事態も防ぎやすくなるでしょう。

 

結婚指輪の紛失に注意しましょう

 

大切な結婚指輪は紛失しないように注意しなければなりません。しかし、どれだけ気を付けていてもうっかり無くしてしまうことはあります。そんなときは、今回ご紹介した対処法を参考にしてみてください。

なお、ガルニでは結婚指輪を購入いただいた際には、「アクセサリーポーチ」と「二輪挿しのアクセサリーボックス」も一緒にお渡ししています。

指輪を外した時には、紛失しないようぜひご活用ください。

 

 

GARNI 【BRIDAL】 ~日常に溶け込んでいく生涯の指輪~

LOVE RINGS of GARNI

COLUMN TOP

POST

ARCHIVE

2020 (6)
2020.7 (2) 2020.6 (2) 2020.5 (1) 2020.4 (1)