HOME / COLUMN / GARNI PR / 婚約指輪と結婚指輪の違いは何?意味と購入について知ろう!

COLUMN

GARNI PR

婚約指輪と結婚指輪の違いは何?意味と購入について知ろう!

婚約指輪と結婚指輪、どちらもよく耳にする言葉ですが、実はその違いをよく分かっていないという方は多いのではないでしょうか。今回はそんな婚約指輪と結婚指輪の違いについて意味や役割、購入についてそれぞれ紹介していきます。改めて、両者の違いを確認しておきましょう。

 

 

婚約指輪とは?

 

婚約指輪は一般的に男性から女性に対して「結婚して下さい」とプロポーズをするときに贈る指輪のことを指します。別名エンゲージリングとも呼ばれます。

一般的に男性から女性に贈る結婚の証の贈り物ですので、身に着けるのは女性が多いです。
婚約指輪の意味としては「結婚の約束の証」「結婚の決意の象徴」「生涯の財産」などがあり、婚約する2人の間だけでなく、周囲に対してもこれから結婚することを形として伝えられます。また、婚約指輪は「ダイヤモンド」をあしらったリングが定番ですので、生涯の思い出だけでなく、財産にもなります。

 

 

結婚指輪とは?

 

結婚指輪は2人の結婚の証としてそれぞれが身に着けるリングのことを指します。ペアでそろえて作り、結婚式の際の指輪交換で交換するのが一般的です。
意味としては、「結婚の証」「家族のつながりを示す信頼」などがあります。結婚したことによる、二人のつながりを示すものになるのが結婚指輪です。

婚約指輪にはダイヤモンドをあしらった豪華なデザインのものを用意することが多いですが、結婚指輪は2人が日々身に着けるものなので、シンプルで身に着けやすいデザインのものが好まれます。

 

 

婚約指輪と結婚指輪は必ず必要なものではない?

 

婚約指輪も結婚指輪も必ずしも必要というわけではありませんが、一般的にはどちらか、もしくは片方は購入している方が多いようです。結婚当初は2人ともいらないと話していても、後になって購入する人もいるようです。

また、婚約指輪は購入せず、ダイヤモンド入りの結婚指輪を選んで婚約指輪と結婚指輪を一緒にしてしまうという方もいらっしゃいます。

婚約指輪も結婚指輪も2人の結婚の約束や形になるので、購入するかどうかについては、2人で話し合って決めると良いでしょう。

 

 

婚約指輪と結婚指輪は誰が選ぶもの?

 

婚約指輪と結婚指輪はそれぞれ誰が選んで購入するものなのでしょうか。それぞれについてみていきましょう。

 

婚約指輪の購入者

一般的に婚約指輪は男性から女性に贈るもので、女性が身に着ける事が多いです。
そのため婚約指輪の購入者が男性と思われる方もいらっしゃると思いますが、最近では、相手の好みがあること、2人で意見交換をして納得の上で購入する場合も多いので、選ぶのは男性ではなく、2人で選ぶものという認識も強くなってきています。

 

結婚指輪の購入者

結婚指輪は2人が日々身に着ける指輪になります。そのため、結婚指輪は2人が納得出来るものを一緒に選ぶ場合が多いです。婚約指輪と同様、結婚指輪も男性が支払うものという認識が強い方もいらっしゃると思いますが、結婚指輪の場合は男性だけでなく、女性と半々にするという方法が主流になってきています。
背景として、女性の社会進出や結婚指輪は双方の贈り物という認識など、社会状況や考え方の変化もあります。

婚約指輪と同時に購入した場合は、男性が負担するという場合もあるようです。
こちらもどのようにするかは2人で納得の上で結婚指輪を購入しましょう。

 

 

 

 

購入する前に知っておきたいこと

 

婚約指輪と結婚指輪は一生のものになります。それぞれの指輪の購入時に失敗をしないよう予め知っておきたいポイントを確認しておきましょう。

婚約指輪の購入前に知っておきたいこと

婚約指輪は男性のプロポーズの証になります。「送ってみたら、サイズが合わなくて困った」なんて、後からしたら笑い話ですが、身に着けるものですからしっかり準備が必要です。
婚約指輪を作る前に知っておきたいことは、

・彼女の指のサイズ
・彼女の好み
・金額
・ダイヤモンドの品質
・リングの素材
・婚約指輪の準備期間

などです。指のサイズはもちろんのこと、後から彼女が身に着けることを考えると、素材や好みもしっかりとリサーチが必要です。また、ダイヤモンドの品質や婚約指輪の金額、プロポーズまでの納品期間など、タイミングや送るものの質についてもしっかりと調べて検討しましょう。

2人で選びに行く場合も上記について予め調べたり、決めておくとスムーズに購入ができます。

 

結婚指輪購入の前に知っておきたいこと

結婚指輪は2人が日々着けるもの、だからこそしっかり話合って決める必要があります。
結婚指輪の購入前に知っておきたいことは、

・予算
・注文方法
・デザイン
・素材
・ダイヤモンドの有無

などがあります。特に予算やデザインの好み、ダイヤモンドの有無に関しては購入に行く前にある程度内容を決めておいた方が購入もスムーズに行えます。どんな結婚指輪にするか2人でよく話し合っておきましょう。

ある程度内容が決まり、実際に購入しに行く際はあらかじめ来店予約をしておきましょう。
休日や夕方などの混雑する時間帯に行くと、じっくりと選べないこともあります。また、来店予約をしておくと、スタッフも準備をしておくことが出来るので、有意義な指輪選びの時間にすることができます。お互いのスケジュールと相談しながら、来店予約をしましょう。

 

 

婚約指輪と結婚指輪にはそれぞれ意味がある!

 

婚約指輪と結婚指輪それぞれの意味と役割などについて紹介してきましたが、近年では男性が送るもの、婚約指輪と結婚指輪のどちらも用意するものという概念が変わって、かなり自由になってきています。
どちらの指輪もお互いの結婚の約束・形・思い出になるものですので、2人で相談しながら、素敵な指輪選びをしていきましょう。

 

GARNI 【BRIDAL】

~日常に溶け込んでいく生涯の指輪~

GARNI BRIDAL

BRIDALページはこちら

 

 

GARNI直営店4店舗では事前にWEBにて来店予約していただくとお待たせすることなくご案内が可能です。

大切なブライダルリングを周りを気にせずにゆったりとお選びいただけます。

 

▼ご予約はこちら

BRIDAL来店予約

 

>直営店一覧はこちら

COLUMN TOP