HOME / COLUMN / / 結婚指輪にダイヤモンドはあり?なし?それぞれのメリットについて

COLUMN

結婚指輪にダイヤモンドはあり?なし?それぞれのメリットについて

 

結婚の証として、身に着ける結婚指輪ですが、購入の際にダイヤモンドを付けるか付けないか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?
今回は、結婚指輪にダイヤモンドはありか、なしかどちらが良いのか、それぞれのメリットも併せて紹介していきます。
結婚指輪にダイヤモンドを付けるか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

 

 

結婚指輪のダイヤのありなし、何が違う?

 

ダイヤモンドありとなしの違いは、見た目が華やかな結婚指輪になるか、シンプルな結婚指輪になるかです。
また、ダイヤモンドのありなしによって、金額も変わってきます。

そのほかにも女性側の視点で見てみると、
ダイヤモンドありの華やかな結婚指輪を身に着けた時はテンションが上がる人が多いなどの違いもあります。

 

 

ダイヤなしの結婚指輪のメリット

 

ダイヤモンドなしの結婚指輪を選ぶメリットを見ていきましょう。

 

男女でお揃いの結婚指輪にできる

女性の場合、結婚指輪にはダイヤモンドなどの宝石を付け、華やかな指輪を選ぶ傾向が高いですが、反対に男性は日常的に身に付けやすいシンプルな結婚指輪を選ぶ傾向があります。

女性の場合は、結婚指輪が華やかなものだと、「気分が上がる」、「オシャレをする際に映える」など、気持ちの面で身に付けたい、使いやすいと考える人が多いですが、男性は華やかな指輪にすると、仕事や生活面で不便に思う場面があるため、シンプルでどのような場でも身に付けやすいものを好みます。

「結婚指輪だから、2人一緒のデザインにしたい!」という場合は、お互いの生活や好みを考えつつ、男性が使いやすいシンプルなデザインのダイヤモンドなしを選ぶとお揃いの結婚指輪としてお互い身に付けやすいでしょう。

 

場所を選ばず身に着けられる。

ダイヤモンドなしの結婚指輪なら、職場や告別式など、華美なアクセサリーを控えたい場でも身に着けることができます。
また、どんな服装にも合わせやすいので、日常生活で身に着けやすい結婚指輪になります。

 

宝石が取れる心配がない。

ダイヤモンドなどの宝石を付けると、どうしても結婚指輪は高価になります。
そのため、良い状態のまま使い続けられるように手元を気にしてしまうという方もいます。
そういった場合、宝石がついていると家事などをしている際に、「宝石が取れないか心配。」「傷や汚れをきにして付け外しして、失くしそう」など気になってしまうので、あえて宝石のついていない結婚指輪を選ぶという方法もあります。

日常で身に付けやすく、心配がないという点でもダイヤモンドなしの結婚指輪は良いといえるでしょう。

 

他の指輪との付け合わせの相性がいい

シンプルな結婚指輪は、他の指輪と重ね付けしてもデザインがぶつかりません。
男性に合わせて、結婚指輪はシンプルなものを選んだけれども、華やかさはちょっと物足りないという方は、結婚指輪と別の指輪を組み合わせて使うことで、手元を華やかにできます。

シンプルな結婚指輪を選んでおけば、その時の気分や、ファッションに合わせて、他の指輪を合わせて使いやすいので、男性の意見も取り入れつつ、おしゃれも楽しむことができます。

 

 

ダイヤありの結婚指輪のメリット

 

では、反対にダイヤモンドありの結婚指輪を選ぶメリットはどんなものがあるでしょうか?

 

上品で華やかな印象を与える

ダイヤモンドありの結婚指輪は身に着ける人に上品さや、華やかさの印象を与えます。
結婚指輪では定番の形ですので、女性なら憧れを持っている方もいるのではないでしょうか。

手元が華やかになると、女性としては気分が上がる。使っていて愛着がわいてくるなど、ダイヤモンドありの結婚指輪を選びたいという方が多いようです。

また、ダイヤモンドは世界で一番硬い宝石のため、日々身に着ける結婚指輪につけても
傷つきにくく、長持ちする宝石でもあります。
華やかな結婚指輪を長く身に着けたいと考えている方は、ダイヤモンドありの結婚指輪を選ぶとよいでしょう。

 

デザインが豊富で好みのものが見つかる!

シンプルなダイヤモンドなしの結婚指輪よりも、ダイヤモンドが入るだけで、デザインの幅が大きく広がります。
たくさんの種類の中から、好みのデザインの結婚指輪を見つけたいという方は、ダイヤモンドありのものを探すと種類も豊富で、自分好みの結婚指輪が見つかるでしょう。

結婚指輪は生涯使っていく指輪になりますから、一切の妥協なく、自分好みの結婚指輪を数あるデザインの中から探しだして、ユニークかつ生涯の宝物になるような結婚指輪を見つけましょう。

 

婚約指輪と兼用できる

一般的に男性から送られる婚約指輪はダイヤモンドがついている場合が多いです。
そのため、ダイヤモンドありの結婚指輪を選び、それをそのまま婚約指輪として兼用する場合もあります。
「エタニティリング」とも呼ばれ、華やかだけど、普段使いがしやすい婚約指輪を選びたい方や、予算的な問題で2つを用意するのが難しい方など、様々な理由で結婚指輪と婚約指輪を兼用する人もいます。

婚約指輪と結婚指輪を兼用する場合は、サプライズもよいですが、一生使い続ける指輪になり、財産にもなりますので、購入する場合は二人で一緒に選びに行くとよいでしょう。

 

 

 

 

後悔しない選び方をしよう

 

結婚指輪はダイヤモンドのありなしで、使いやすさや印象が変わってきます。
どのようなものを選ぶか、予算はどれくらいかなど、結婚後使い続ける指輪になるので、2人で相談をしっかりして、お互いに納得したうえで購入をしていくのが大切です。

デザインや予算的なところはあらかじめ調べておく、実際に店舗へ出向いて店員さんに相談してみるのもよいでしょう。

 

 

結婚指輪にダイヤモンドを付けるかどうかはお好みで

 

結婚指輪にダイヤモンドを入れるかは、それぞれの予算や使い方、好みなど人によって違います。それぞれの良さやポイントを抑えたうえで、どちらが自分たちに合っているのかをきちんと相談したうえで結婚指輪を選びましょう。
結婚指輪は2人がずっと持ち続けていくものであり、財産にもなり得ます。お互いに納得できる、2人だけの結婚指輪を見つけていきましょう。

 

 

GARNI 【BRIDAL】

~日常に溶け込んでいく生涯の指輪~

GARNI BRIDAL

BRIDALページはこちら

 

GARNI直営店4店舗では事前にWEBにて来店予約していただくとお待たせすることなくご案内が可能です。

大切なブライダルリングを周りを気にせずにゆったりとお選びいただけます。

 

▼ご予約はこちら

BRIDAL来店予約

 

>直営店一覧はこちら

COLUMN TOP